2010年08月22日

おもしろ家電 トイジェクターで天井に映画!

ポケットに入れて持ち運べる大きさのぷちプロジェクター、「トイジェクター」を買って来たよ。



本当にトイって感じ。1万円以上するんだけど。
↓こっちの写真(amazon.co.jp)だともうちょっとやすいかも?



使い方次第でいろいろ可能なおしろプロジェクsター!
興味のある方は、是非!

■かんたん接続でムービーや写真を投影できるミニプロジェクター

「PPR-QT1」は、デジタルカメラやビデオカメラで撮影した写真やムービーを投影して大画面で楽しめるプロジェクターです。
最大約50インチ(投影距離2.0m時)までの画面サイズで投影可能。天井に向けて投影することもできます。

photo01_2.jpg
c01.jpg

■ミニサイズだから、持ち運びに便利

「PPR-QT1」の本体は、大きさ(W)50×(H)50×(D)50、重さ約120gの、持ち運びに便利なミニサイズ。
ちっちゃくて軽いから、移動が楽々。リビングでも子供部屋でも楽しめます。
友達とのパーティーや旅行にも持っていけます。

■選べるカラーバリエーション

「PPR-QT1」は、ホワイトとレッドの2色をご用意。
好みに合わせてお選びいただけます。

c02.jpg

■映像連動「エコスイッチ機能」搭載

接続している再生機器の映像が終わると、自動的に電源がOFFになるので電力を節約できます。
うっかりACアダプタを取り外し忘れていても安心です。

■90度の角度調整が可能

三脚に取り付けた本体部分は、90度まで角度を調整可能です。
天井に映像を投影できますので、就寝前のリラックスタイムにお気に入りの映画を楽しめます。

photo08.jpg

photo09.jpg

■QVGA相当の解像度

解像度は、QVGA相当の[300×224]となります。

※使用しているLEDランプの特性上、赤、緑、青の色が投影画面上に強く出ます。

c03.jpg

パーティとか、家族で気軽に楽しむには結構つかえそうな商品です。

また、おもしろい使い方があればまた書きます。
posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 17:48| Comment(0) | おもしろ家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CMでも話題のLEDテレビ

LEDテレビはに何が違うのか??
簡単に違いをまとめてみました。



■LEDテレビって何?

従来、液晶テレビのバックライトの光源には蛍光管が使用されていた。
この蛍光管をLEDに置き換えたものがLEDテレビ。
コントラスト比を高めやすく、消費電力を抑えることもできるといメリットの大きなデバイスです。

■テレビの黒部分が引き締まって幅白いコントラストを存分に使いこなせる

LEDの明るさのきめ細かな制御はそのままコントラスト表現力の高さや細やかな階調性の発揮に直結する。
しかも高いピーク輝度と完全消灯を使い分けることができるのだから、ぬけるような白さとしっかりとしまった黒を両立させることができる。
さらにこうしたメリットは色彩感の豊かな表現にも影響し、微細な色の差を表現することが可能となっている。
LEDテレビは階調性や色彩感により、さまざまな質感が見事にかきだされるようになった。

■いいことずくめなLED近い将来には液晶の主流になるだろう

TV CMなどでも盛んに紹介されているLEDテレビ。

今年一挙にLEDテレビは増えていくでしょう。
テレビ以外にも蛍光管にかわるLEDはエコ家電としても注目されており普及は間違いない。

これから買うならLEDでまず決まりでしょうね。

posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 16:18| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。