2011年02月28日

REGZAが3万円台の衝撃プライス!薄型テレビは賢く買わなきゃ損だ

家電量販店に行くと、テレビコーナーは人だかりの山だ。それもそのはず。家電エコポイントが終了となる3月31日まで、残り1ヶ月となった。ポイントがもらえる条件は昨年よりも厳しくなったものの、40型超の大画面テレビでは1万円以上の家電エコポイントが付与される。テレビの買い換えを考えている人には、まだまだ大きな存在感があるのも事実だ。

さらに地上アナログ放送が停波となる2011年7月が迫ってきた。地上デジタル放送が見られるテレビを所有していない人の中には、テレビの買い換えを検討している人も多いだろう。

そこで、今週もお買い得な薄型テレビと、大幅値下げランキングの情報をお届けする。まずは、家電エコポイントの最新情報について見てみよう。

●条件クリアが厳しい!家電エコポイント
家電エコポイントとは、地球温暖化対策、経済の活性化及び地上デジタル対応テレビの普及を図るため、グリーン家電の購入により様々な商品・サービスと交換可能な家電エコポイントが取得できるというものだ。

家電エコポイント数(点)は、2010年1月1日以降の購入分から、下記となっている。
46V型以上 1万7,000点
42V/40V型 1万1,000点
37型     8,000点
32V型/26V型 6,000点
26V型未満  4,000点

2011年1月1日以降は、家電エコポイントの申請対象は「統一省エネラベル5つ星の製品を購入し、買い換えをしてリサイクルを行った場合」となり、リサイクル分の加算は廃止された。

昨年に比べると、条件が厳しくなり、古いテレビをリサイクルしないと、家電エコポイントが付与されないわけだ。

■BRAVIAが実質3万円 - 32型
早速、価格がお手頃な32型の薄型テレビの価格から見てみよう。32型は、自室でテレビを見たい人、ワンルームのアパートに住んでいる人には、魅力的なサイズだ。

TOP 5を調べてみると、価格が先週とほぼ同じだが、すべてが3万円台となっている。家電エコポイントは、1位〜5位まで製品に付与される。32型では、6,000点のポイントが付与されるので、オリオンの「DL32-33B」は実質2万円台となり、もっともお買い得感がある。

ブランドを確認してみると、32型とはいえ、SONY「BRAVIA」、東芝「REGZA」が3万円台で購入できる点は、大きな魅力と言えるだろう。

いずれのテレビも、デジタルハイビジョン液晶テレビだ。映画やスポーツ、音楽など多彩な番組をアナログ放送よりも高精彩な映像で楽しむことができる。

LAN端子がある機種では、家庭内のネットワーク環境を用いて、LANケーブルを接続するとデータ放送を双方向通信で楽しめる。双方向通信では、番組の進行に連動した情報が表示され、クイズ番組への参加や、商品の購入などが可能だ。

●激安 TOP 5
1位:オリオン DL32-33B [32インチ] 3万5,900円
2位:SONY BRAVIA KDL-32EX300 [32インチ] 3万6,000円
3位:モーション MDTV-32K200 [32インチ] 3万6,440円
4位:三和コーポレーション LTV3232XS [32インチ] 3万6,800円
5位:東芝 REGZA 32A1S(K) [32インチ ブラック] 3万8,000円
※2011年2月27日、価格.com調べ。価格は常に変動する。

■有名ブランドが実質4万円台 - 40型
40型は、32型よりも大きい画面サイズが欲しい人にオススメの画面サイズだ。というのも、機種によっては37型より安く入手できる場合がある。

早速、価格を調べてみると、先週に比べてあまり変化がない。TOP 5の製品は、すべてが家電エコポイントの対象製品となっている。40型の薄型テレビでは、1万1,000点の家電エコポイントが付与される。すべての薄型テレビが、かなり安くなるのに気づくだろう。

家電エコポイントを考慮すれば、1位のSONY「BRAVIA KDL-40EX500」、2位の東芝「REGZA 40A1」、3位のシャープ「AQUOS LC-40AE7」は、いずれも実質4万台となる。

1位の「BRAVIA KDL-40EX500」は、地上・BS・110度CS対応のデジタルハイビジョン液晶テレビだ。コマ数2倍で残像感を提言する「モーションフロー120Hz」により、動きの激しい映像でもクッキリとした映像を映し出せる、また、ネットに接続すれば、ネット動画から映画・アニメ・ドラマなどを視聴できる「ブラビア ネットチャンネル」を楽しめる。

●激安 TOP 5
1位:SONY BRAVIA KDL-40EX500 [40インチ] 5万4,300円
2位:東芝 REGZA 40A1 [40インチ ブラック] 5万7,500円
3位:シャープ AQUOS LC-40AE7 [40インチ] 5万7,681円
4位:DXアンテナ LVW-F405 [40インチ] 5万8,800円
5位:SONY BRAVIA KDL-40EX700 [40インチ] 6万2,000円
※2011年2月27日、価格.com調べ。価格は常に変動する。

■新常識!42型は4万円台で買える - 42型以上
40型よりもさらに大きな薄型テレビが欲しい人もいるだろう。42型以上の薄型テレビは、どうだろうか。一部の例外を除いて、サイズが大きくなればなるほど、価格が高くなる傾向にある。予想通り、TOP 5にランキングされたテレビはすべて42型だ。

先週に続いて今週もユニデン「TL42DZ1-B」が、一番のお買い得品となった。42型では、1万1,000点の家電エコポイントが付与される。1位のユニデン「TL42DZ1-B」以外の商品は、すべて家電エコポイントの対象製品となっている。

家電エコポイントを考慮しても、1位のユニデン「TL42DZ1-B」がもっともお買い得だ。「TL42DZ1-B」は、地上・BS・110度CSに対応したデジタルハイビジョン液晶テレビだ。

●激安 TOP 5
1位:ユニデン TL42DZ1-B [42インチ] 4万9,800円
2位:東芝 REGZA 42R1 [42インチ] 7万2,800円
3位:東芝 REGZA 42ZS1 [42インチ] 7万9,000円
4位:日立 Wooo UT42-XP800 [42インチ] 8万2,700円
5位:日立 Wooo LX42-XP03 [42インチ] 8万5,800円
※2011年2月27日、価格.com調べ。価格は常に変動する。

■大幅値下げランキング
先週から始まった、このコーナー。大幅値下げランキングとは、価格.comに初めて掲載された価格から値下がりした率の大きい激安製品のランキングだ。まずは、製品と価格を見てみよう。

1位のHANNspree「HANNS teddy」は、9インチの画面サイズだが、1万円を切る9,980円だ。机の上にテレビが欲しい人には、魅力的な製品と言えるだろう。

2位のシャープ「AQUOS LC-46RX5」は、46インチの大画面テレビでありながら14万円台であり、お買い得感がある。

3位のシャープ「AQUOS LC-42RX1W」は大幅値下げしているが、40型としてはイマイチお買い得感が感じられない。

●大幅値下げ TOP 3
1位:HANNspree HANNS teddy [9インチ] 5万7,566円→ 9,980円 83%オフ
2位:シャープ AQUOS LC-46RX5 [46インチ] 55万2,666円 → 14万4,800円 74%オフ
3位:シャープ AQUOS LC-42RX1W [42インチ]  40万2,663円 → 11万円 73%オフ
※2011年2月20日、価格.com調べ。価格は常に変動する。


32型の薄型テレビは、3万円台で購入できるのが当たり前となった。この価格なら、お小遣いが厳しいお父さんや学生さんでも、少しずつお金を貯めておいて購入することができる。

40型は、大画面テレビを欲しいが、お金を掛けたくない人にお手頃な画面サイズだ。価格は先週とほぼ同じだが、BRAVIAやREGZA、AQUOSという、国内有名ブランドの薄型テレビを実質4万円台で購入できる点は大きな魅力だ。

42型以上では、先週に引き続き4万円台で購入できる製品がある。ブランドにこだわりがない人であれば、お買い得感のある製品だ。

画面サイズごとにお買い得な薄型テレビは、まだまだ存在する。家電エコポイントが付与される薄型テレビであれば、エコポイントとの併用でかなりお得に購入することができる。

薄型テレビは賢く買わなきゃ損だ。
posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 01:12| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

「GALAXY S」に新色セラミックホワイト 3月2日発売

 NTTドコモが2月22日、Samsung電子製のAndroid OS採用スマートフォン「GALAXY S(SC-02B)」に新色を追加すると発表した。新色「セラミックホワイト」は、3月2日から全国で販売を開始する。

 GALAXY Sは、ドコモのスマートフォンラインアップの中でも人気の高いAndroid 2.2搭載のスマートフォン。厚さ約9.9ミリ、約118グラムの薄型軽量ボディに4.0インチのSUPER AMOLED(スーパー有機EL)ディスプレイを備え、Samsung製プロセッサS5PC110 1GHzにより軽快な動作を実現している。FOMAハイスピード(下り最大7.2Mbps、上り最大5.7Mbps)、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)およびBluetooth(3.0+EDR)に対応し、有効約500万画素のCMOSカメラも装備する。spモードに対応しており、iモードと同じメールアドレスも利用可能だ。ただ、発売当初はボディカラーがメタリックブラックのみだった。

 新たに発売するセラミックホワイトのGALAXY Sは、背面のカバー部分が白色になる。前面のSUPER AMOLEDディスプレイの周囲は黒のままだ。

 なおドコモショップでは、2月25日から発売前日の3月1日まで、GALAXY S セラミックホワイトの事前予約を受け付ける。
posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 16:00| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秘密のデータを完璧に消すためのお手軽USBデバイス



最近は仕事をするうえで守らなければいけない秘密がたくさんある。仕方のないこととはいえ、もしも重要な情報を流出させてしまったら…と考えると、ちょっと怖い。

だから、仕事で使うパソコンからは、必要のないデータはできるだけ消した方がいい。とはいうものの、実は多くのパソコンでは、消したいファイルをゴミ箱に入れて空にしただけでは、本当に消したことにはならないそうだ。

ゴミ箱に入れて空にしただけでは、単にOSからは見えなくなっただけで、ハードディスク上にはまだデータがそのまま残っていることが多い。だから、「ゴミ箱を空にしたから安心♪」なんて思っていても、ちょっとパソコンに詳しい人なら、消したはずのファイルを復活させることができてしまう。

紙だったらシュレッダーにかければOKだけど、デジタルだとデータの実体が見えないだけにやっかいだ。もっと、わかりやすく目に見える形で、データを完全に消す方法はないものか?

そんなニーズを形にしたのが「デジタルシュレッダー」だ。見た目はまるでUSBメモリみたいだけど、その機能はまさしく正反対で、パソコン上のデータを消すためのツールだ。

デジタルシュレッダーをパソコンのUSBポートに差し込むと、デスクトップにシュレッダーのアイコンが現われる。このアイコンに、消したいファイルをドラッグ&ドロップすると、ハードディスク上からデータをきれいさっぱりと消してくれる。

パソコンにソフトをインストールする必要がなく、USBポートにデジタルシュレッダーを差し込むだけで使えるようになるという、お手軽さがポイント。簡単に使えるけれど、データの消し方は厳重で、ハードディスク上のデータが書いてあった個所に、3回にわたって別のデータを上書きして消すという、アメリカ政府推奨の方法だ。

もしものために、オフィスにひとつ常備しておくといいかも。


posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 01:53| Comment(0) | 便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。