2011年02月22日

打ち合わせのメモや長文メールも軽々作成!iPhoneの文字入力を劇的に速くするテクニック



情報端末として、iPhoneを手放せないというユーザーは多い。けれど、日常的な業務をPCでこなしているユーザーにとって、キーボードのないiPhoneの文字入力はもどかしく感じるだろう。
実は、iPhoneの文字入力を改善して、劇的に高速化する方法がある。これで、打ち合わせや会議のメモをiPhoneでとったり、長文メールの作成も軽々行える!

■iPhoneの文字入力を劇的に速くする
iPhoneには、さまざまな文字入力方法が用意されている。英字のスクリーンキーボードを表示すれば、ローマ字入力が行える。また、日本語テンキーでは、「あ」「か」「さ」「た」…のキーを連打する以外に、上下左右にフリックすることで、ひらがなを選択できる。

けれど、iPhoneの英字スクリーンキーは小さくて押しづらいし、テンキー入力は時間がかかる。そこで、今回は、ジャストシステムのiPhone向けATOKを登載する「ATOK Pad for iPhone」と、Bluetoothキーボードを試してみた。

●iPhone向けATOKの独自入力モードは超快適
iPhone向けATOKは、PCのIMEのように全ソフトで利用可能になるわけではない。今回はメモ作成アプリのATOK Pad for iPhoneだけで動作する。けれど、ATOK Pad for iPhoneで作成した文章は、メールやEvernoteに転送することが可能だ。会議のメモなどは、ここで作成して、終了と同時にEvernoteにアップロードする使い方が便利だ(画面1)。

01.jpg

画面1 「ATOK Pad for iPhone」は、App Storeで購入できる(1200円)。作成したメモは、メールやEvernoteに転送できる。

ATOK Pad for iPhoneでは、日本語テンキーまたは英字のQWERTYキーによる入力が可能だ。そして、特徴的なのは、独自の「ダブルトリガー」による入力方法。左手の親指でトリガーを回すと、右に該当する行の文字が表示される。右手の親指で文字をタップすれば入力完了(画面2)。両手の親指を使って、高速に文字入力することが可能だ。

02.jpg

画面2 ダブルトリガーなら、両手を使って高速の文字入力が可能。英字のQWERTYキーよりもキーサイズが大きいため、入力ミスも少ない。

●Bluetoothキーボードなら完全にPCと同じ感覚で文字入力できる
続いて、Bluetoothキーボードを試してみよう。アップル製キーボードを使う方法もあるが、Windows向けのキーボードも利用可能だ。ここでは、小型の「TK-FBP013」(エレコム)を使用してみた(画面3)。



画面3 小型のBluetoothキーボードなので、カバンの隙間に入れて持ち歩けばiPhoneと一緒に使いやすい。

Bluetoothは、iPhoneとペアリングすれば、すぐに使い始められる。設定画面で検出し、接続したら使い始めよう(画面4)。実際のキー入力の感覚は、PCで作業する場合と同様。入力のタイムラグも感じられない。これなら、打ち合わせや会議中に、手早くメモを作成することも、まったく問題なく行える。

04.jpg

画面4 iPhoneの「設定」→「一般」→「Bluetooth」を選択し、キーボードの電源をオンに。検出されたら接続して使い始めよう。

なお、ATOK Pad for iPhoneはBluetoothキーボードとの組み合わせで使用できないとの公式発表になっているが、「TK-FBP013」で試してみたところ可能だった。ただし、「日本語ローマ」字入力モードでは使えない。「English」入力モードに切り替える必要がある。ちなみに、Windowsキーボードの場合、「Windows」キー+「スペースキー」で入力モードを切り替えられる(画面5)。

05.jpg

画面5 キーボードで「Windows」キー+「スペースキー」を押して、入力モードを切り替える。

電車などで移動中なら、ATOK Pad for iPhoneを利用することで、手早く快適にメールの文字入力が行える。打ち合わせや会議のメモ取りなら、iPhoneと小型のBluetoothキーボードを持ち歩けば十分に対応できる。ノートPCのアプリを動かすことが必要な場面以外は、iPhone+Bluetoothキーボードさえ手に取れば、これまでよりずいぶん身軽に動けるようになる。
posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 14:00| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

【画像】iPhone 4をワイヤレスで充電……日立マクセル

0001.jpg

 日立マクセルは、iPhone 4をワイヤレスで充電できる専用パッドをを4月下旬から順次発売する。ワイヤレス送電パッド「WP-PD10.BK」「WP-PD10S.BK」と、専用ワイヤレス受電スリーブ「WP-SL10A.BK」の3種類。

 専用スリーブにiPhone 4を装着して、送電パッドに置くだけで充電できるようもので、ダブルタイプの送電パッド「WP-PD10.BK」は同時に2台を充電できる。パッドには複数のコイルをレイアウトしたコイルアレイ方式(ConvenientPower社の保有ライセンス)を採用することで位置自由度の高さを実現。iPhone 4をパッド上に斜めに置いても充電される。専用スリーブは薄いため、通常のカバーとしても使うことが可能だ。

 同社では、ケーブル不要の充電パッドの店舗や公共施設への普及を期待している。価格は受電スリーブ「WP-SL10A.BK」(約3,000円)、ワイヤレス送電パッド「WP-PD10.BK」(約7,000円)、「WP-PD10S.BK」(約5,000円)となっている。
posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 14:00| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

完璧スケジュール術!Googleカレンダーの共有機能を使いこなす

Android活用サイトAPPmaxのオススメアプリGoogleカレンダー徹底レビュー第2回は、家族や友達とスケジュールを共有する方法や、予定へ招待する方法を紹介します。

スマートフォンとGoogleカレンダーを同期させると、スマートフォンでいつでもどこでもスケジュールをチェックできるのはもちろん、共有カレンダー機能を利用して、サークルの予定を全員で共有できます。

ビジネスパーソンなら外出先からスマートフォンで社内のスケジュールを把握でき、上司や部下のスケジュールを確認することができるので、予定の空いている時間に取引先との商談予定に招待したりすることも簡単です。

また、子供の習い事の発表会におじいちゃん、おばあちゃんを招待すれば孫の晴れ姿を逃さず見てもらうこともできちゃいます。

アプリ名 :Googleカレンダー
カテゴリ :ツール
作者   :Google Inc.
価格   :無料
バージョン:OS Ver.Android 2.2
評価   :★★★★★
★おすすめ機種:全機種

「全てのアプリケーション」>「カレンダー」よりアプリを起動

■PCで共有カレンダーを作成しよう

まずはPCで共有カレンダーを作成しましょう。Googleカレンダーにアクセスして新しいカレンダーを作成します。

作成時に「特定のユーザーとの共有」にカレンダーを共有したい人のGoogleアカウントを入力して共有権限(ここでは「予定の変更権限」)を選択して「ユーザーを追加」をクリックします。


001.jpg

追加されたユーザーにはGoogleからメールが届きますので自分のGoogleカレンダーに共有カレンダーを追加しましょう。

■共有カレンダーをスマートフォンと同期しよう

ここからはスマートフォン側の操作となります。カレンダーを起動して「MENU」>「その他」>「カレンダー」から共有カレンダー(ここでは「APPmax」)にチェックを入れます。

002.jpg

チェックを入れたら共有カレンダーに予定を作成してみましょう。画面上の「カレンダー」から共有カレンダー(ここでは「APPMax」)を選択して予定を作成します。

003.jpg


スマートフォン側のカレンダーに予定を作成すると、PC側のGoogleカレンダーにも予定が反映されます。

004.jpg

■スマートフォンから招待メールを送ろう

ゲスト欄に、友人や家族のメールアドレスを入力して予定を作成すると、スケジュールへの参加招待メールを送ることができます。

005.jpg

予定への参加応答はスマートフォンで
招待メールをスマートフォンで受信すれば、スマートフォンからいつでもどこでも招待された予定への参加・不参加を設定することができます。

予定へ応答を「はい」「未定」「いいえ」「詳細オプション」から選び「アプリケーションを選択」>「カレンダー」をタップします。ここでは「はい」を選びました。

006.jpg

スケジュールへの詳細がカレンダーで確認できます。予定への参加を変更したいときは「出席」をタップすると参加設定を変更できます。

007.jpg

スケジュールを忘れないように、リマインダーを設定する場合は「通知」をタップして通知の時間を選択します。

008.jpg

Googleカレンダーでスケジュールを共有すると、参加者全員の予定をチェックできるので、スケジュール調整が簡単にできます。スマートフォンならどこからでも予定を確認できるので、空いている時間をチェックしてから招待メール送れば確実なアポも取れるというわけです。

スマートフォンでGoogleカレンダーの共有を利用すればサークルや会社といったチーム・組織でのスケジュール管理が便利になること間違いなしです。


アプリ名 :Googleカレンダー
カテゴリ :ツール
作者   :Google Inc.
価格   :無料
バージョン:OS Ver.Android 2.2
評価   :★★★★★
★おすすめ機種:全機種
posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 16:00| Comment(0) | おすすめアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。