2010年09月07日

実質価格は1万円台に、拡張性の高いハイビジョン液晶テレビが価格改定

televison.jpg

7月にドン・キホーテが実質価格9800円という、非常に安価な2台目需要向け液晶テレビを発売したことをお伝えしましたが、安価である反面、外部機器との接続端子がコンポジット端子のみで、ハイビジョンレコーダーなどを接続しても高画質で楽しむことができないなど、拡張性が低いことがネックでした。

しかし豊富な接続端子を備えることでPCのモニタとしても利用できるほか、ハイビジョンレコーダーで録画した映像やPS3などのゲーム機を高画質で楽しめるハイビジョンテレビが価格改定され、実質価格は1万円台になったことが明らかになりました。

詳細は以下から。
2010/09/07 - Entryモデルの19W型 地デジ液晶テレビ「CPLV19WDE3」 - 株式会社ディーオン

映像機器専門メーカーのディーオンが発表したプレスリリースによると、同社は7月15日に発表したエントリー向け液晶テレビ「CPLV19WDE3」を、2万9800円から2万4800円に価格改定したそうです。

「CPLV19WDE3」はエコポイント7000点が付与されるモデルであるため、価格改定により実質価格は1万7800円になるとのこと。

これが「CPLV19WDE3」です。地上波デジタル・アナログチューナーを搭載し、EPG(電子番組表)に対応。液晶パネルに19インチの非光沢パネル(1440×900)を採用しています。

televison.jpg

左側にはB-CASカードスロットを搭載。入力端子としてHDMI端子、D4端子、コンポジット端子/S端子、ミニD-Sub15pin端子、光デジタルオーディオ出力端子を搭載しているため、あらゆる機器との接続が可能。

tele02.jpg

本体前面下部に音量ボタンや電源ボタンなどがあります。

tele03.jpg

リモコンはボタンを大きくした非常にシンプルなデザイン。

tle04.jpg

単純に地デジを楽しむだけでなく、あらゆる機器を接続して利用したいというユーザーや、もしかしたら将来、ハイビジョンレコーダーやPS3などのゲーム機を購入するかもしれない……というユーザーは購入の選択肢に入れておくのも良いかもしれません。
posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 22:20| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。