2011年04月03日

東芝のAndroidノート「dynabook AZ」、販売価格が2万円近くにまで値下がり



昨年6月に発表された東芝のAndroidノート「dynabook AZ」が2万円近くにまで値下がりしていることが明らかになりました。

NVIDIAのデュアルコアCPU「Tegra 2プロセッサ」を採用することで、高解像度のWEBブラウジングや1080pのフルHD動画のストリーミング再生、Flashコンテンツもサポートしたモデルですが、ここまで安価なのであればブラウジングおよびメール、テキストタイプ用端末として使ってみるのもいいかもしれません。

大手価格情報サイト「価格.com」によると、東芝のAndroidノート「dynabook AZ」が2011年4月1日18:20現在、2万1800円で販売されています。

発売されてから現在までの価格変動グラフはこんな感じ。発売当初は4万円強でしたが、半年以上が経過した今、価格はおよそ半額となっています。

ちなみに発売当初はAndroid 2.1だった「dynabook AZ」ですが、今年2月にはAndroid 2.2へのアップデートが提供されており、動作速度が向上。なお、Android Marketに対応していない点に注意が必要です。


posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 11:00| Comment(0) | 人気家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。