2011年05月22日

ニンテンドー3DSがさらに値下がり、大型タイトル不在で週間販売台数はPSPの半分程度に




今年2月に発売された任天堂の最新携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」が初代ニンテンドーDSなどで見られた慢性的な品不足などは発生せず、順調に値下がりしています。

また、本体の販売台数を牽引するような大型タイトルが不在なこともあって、週間販売台数は競合するPSPの半分程度に落ち着いています。

大手価格情報サイト「価格.com」によると、2011年5月22日17:55現在、ニンテンドー3DSのコスモブラックが2万1150円、アクアブルーは2万1178円で販売されており、ほとんどの店舗で「在庫有り」の表示となっています。

なお、2011年4月2日12:10時点ではコスモブラックが2万1998円、アクアブルーが2万2470円で販売されていたため、アクアブルーについては1000円以上値下がりした計算に。

ちなみにゲームビジネスを中心としてリサーチやコンサルティングなどを手がけるメディアクリエイトが公開した2011年5月9日〜5月15日のソフトおよびハード販売数ランキングによると、ニンテンドー3DSの販売台数は1万8324台で、3万4655台を売り上げたPSPの半分程度。

起爆剤となるような大型タイトルの不在もあって、品切れが続出してユーザーの手に届かない時期が長かった初代ニンテンドーDSの時とは打って変わったスローペースな普及状況となっていますが、今後マリオシリーズなどのビッグタイトルがリリースされる予定であることを考えると、ビッグタイトルが発売されて本体価格が高騰する前に、うまく時期を見定めて購入しておくのも1つの手なのではないでしょうか。


posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 22:11| Comment(0) | おもしろ家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。