2011年07月11日

TV番組を電子書籍に変換するシステム「iPlayer for Kindle」

 英国のあるネットユーザーがTV番組をそのまま電子書籍化するシステム「iPlayer for Kindle」を試験的に構築し、現地関係者の間で評判になっている。



 このシステムを試作したのは、電化製品のホビー改造などを行なっているブログサイト「Frisnit Electronic Industrial」の管理人。同氏はAmazon Kindleなどの電子書籍端末で一般的に使われている電子ペーパーディスプレイが、描画速度の関係でビデオ表示ができない点に不満を持ち、映像コンテンツを何とか表示させたいと思案。その結果、彼が思いついたのは映像をクローズドキャプション(字幕)と一緒にコマ単位でキャプチャーし、“漫画”方式にPDFページ出力するという方法だった。

 この試作システムは、Linux上で幾つかのフリーソフトやコマンド類を組み合わせたもので、作者自身は商品化を考えているわけではない模様。ただし、新しいタイプの電子書籍自動生産システムとしての可能性もあり、現地出版関係者の間で注目されている。

posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 23:29| Comment(2) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

なにやらテレビが安いらしい

何やらテレビが安いらしい。

地デジ化が間近に迫った中、32型のテレビが激安らしい。




32型を超えると、少々高くなるらしいが。

私が勝ったREGZA 42Z1はいまだに結構高めだが42型でなくともよかった。

タグ:REGZA 42Z1
posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 19:14| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

iPhoneをポータブルテレビにする方法!これで、お金も電気代も節約しよう

家電の世界では、生活を大きく変えてしまう変化が起きることがある。

今では多くの家庭で、固定電話はあまり使われないようになった。なかには、ケータイに入れ替わって固定電話は既に利用してない家庭もある。

そんな電話以上の変化が、テレビの世界にも起きつつある。2011年7月24日にアナログ放送が終了し、この日を境に一部の地域をのぞいて、アナログテレビはただの箱となり、本格的な地デジ時代がやってくるのだ。

当然、家電販売店などでは、地デジ対応テレビへの買い換えもクライマックスを迎えているわけだが、今やテレビは一家に一台から一部屋一台の時代だ。リビング用の大型テレビは買い換えたが、ほかの部屋のテレビを買い換えるのは、おサイフが悲鳴をあげているという家庭も多い。

そこで、とっておきの裏技を紹介しよう。iPhoneとハイテク家電をつかって、iPhoneをテレビにする技だ。
iPhoneを地デジ(サブテレビ)にできれば、なにも無理して部屋毎に地デジテレビを購入する必要もないし、なにより、節電にも効果大だ。

そんなうまい話はないとか、難しそうとか、思っているあなた。

まずは、やり方を説明するので、お試しあれ。

■iPhoneを持ち運びできるテレビにする!
iPhoneを持ち運びテレビにするには

iPhoneと


アイ・オー・データ機器の地上デジタル・ワンセグ放送対応TVキャプチャー「テレキング」と


無線LANルーター「WN-G300DGRシリーズ」




この3つがあればできる。

この3つを使えば、家中どこでもiPhoneで地デジが見られる。つまりiPhoneがポータブルテレビになるわけだ。
※iPhoneの代わりに、iPod touchやiPadを使うこともできる


○設定の方法!

1.「テレキング」をセットアップしよう
付属CD-ROMからドライバと「mAgicTV Digital for テレキング」をパソコンにインストールしたのち、初期設定を画面指示にしたがって行っておこう。普通に、パソコンソフトをインストールする要領で完了。

パソコンに「テレキング」をセットアップする

2. 無線LANルーターに繋げよう
無線LANルーターに「テレキング」をインストールしたパソコンを接続しておこう。すでにネットワークに繋がっていれば、あらためて設定する必要はない。

3. iPhoneでテレビを見よう
iPhoneでテレビを見るためには、App Storeから無料アプリ「TVPlayer」(iPadなら「TVStream」)をインストールしよう。

パソコンと同じネットワークに接続したら、「TVPlayer」(iPadなら「TVStream」)を起動して、接続するパソコン(サーバー)を選択する。

これで基本設定はOK。

4. iPhoneテレビを試してみよう
さぁ、iPhoneテレビを試してみよう。

iPhoneでサーバー名をタップすれば、「チャンネル」にアクセスして、「テレキング」を導入したパソコンの番組の一覧が見られるので、番組名をタップすれば、なんとiPhoneでリアルタイムにテレビ番組を見ることができてしまう。

同じ画面で「ライブラリ」をタップすると、録画した番組名が一覧で表示されるから、パソコンで録画したテレビ番組であれば、番組名をタップするだけでiPhoneで録画したテレビ番組を視聴できる。

iPhoneでテレビを視聴できる

■iPhoneをフォトフレーム、オーディオにもしちゃおう

iPhoneをポータブルテレビ化したついでに、もうひとつ便利なテクニックを紹介しよう。

アイ・オー・データ機器のネットワークハードディスク(HDD)「HDL-Sシリーズ」をパソコンで使っているのであれば、無線LANルーター経由で、HDDに保存した写真や動画、音楽を、家のどこでもiPhoneで楽しむことができる。

○設定の方法!
1.HDDを無線LANに接続する
無線LANルーター「WN-G300DGRシリーズ」のLANポートにネットワークHDD「HDL-Sシリーズ」を接続しよう。

「HDL-Sシリーズ」側は、設定画面で「ホームメディアリンク」設定を有効にして、ダイナミックDNSサービス「iobb.net」をあらかじめ登録しておこう。

無線LANルーター「WN-G300DGRシリーズ」にネットワークHDD「HDL-Sシリーズ」を接続する

2.iPhoneで写真や動画を見よう
iPhoneに、App Storeから無料アプリ「ホームメディアリンク」をインストールしよう。

「ホームメディアリンク」を起動したら、「iobb.net」のホスト名とユーザー、パスワードを設定しよう。接続可能なネットワーク上のDLNAサーバーが表示されるので、サーバーを選択すると、HDDにアクセスできるようになる。

あとは、HDDに保存した写真や動画、音楽を選択するだけでiPhoneが万能AVプレーヤーに早変わりする。
posted by ピッタリの家具・家電を全ての人に at 07:11| Comment(0) | おもしろ家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。